走行距離から見る中古車選びについて

中古車の「走行距離」は、1万km~と距離の浅いものから、10万km~の過走行の車両までたくさんの種類が存在します。走行距離が多い=程度が悪いとは一概に判断できるものではありません。その特徴と注意点について「車両の年式と走行距離の関係」も交えながらお伝えします。

過走行車の反対、「低走行車」とは?

中古車選びにおいて重要なポイントとなるのは車の走行距離です。年間の走行距離が1万キロに満たない車を低走行車と呼び、反対に年間の走行距離が1万キロ以上の車を過走行車と呼びます。たとえば、5年間の走行…

過走行車と低走行車の違いについて

中古車選びをするときは、走行距離をよくチェックしておきましょう。走行距離がすべてではありませんが、クルマの状態を判断する大きな指標となります。当然ながら走行距離が多ければ、部品同士の摩耗が増えてし…

車両年式からみる中古車選びについて

中古車を調べる時に最初に見るべき点は何でしょうか?「見た目の綺麗さ」「修復歴があるかどうか」「走行距離が多いかどうか」・・・いえいえ違います。まずは「車両の年式」です。何年から何年まで製造されていたのか?その間にマイナーチェンジやモデルチェンジが行われていたどうか?をまず知る必要があるのです。

車両年式からわかること

クルマは日々進歩しており、故障リスクも低くなっています。時代とともに新車価格は上がっていますが、これは最先端の技術に加えて、安全装置を導入している点が大きいです。それゆえ同じ名称のクルマを例にする…

年式から車両の特性を把握する!

同じブランドの車でも年式により性能が違う

同じブランドの車として販売されていても、車検証に記載されている年式により性能に違いがあります。なぜなら、車はシリーズ化されているものが多く、マイナーモデルチェンジは頻繁に行われているからです。そして、同一車種ならば年式の違いによりリコール対象有無の線引きが行われるほど違いがあります。具体的には、車体フレーム構造は変わらなくてもエンジンの型式変更や搭載されている装備のグレードといった基本モデル部分に違いが出るわけです。そして、中古車の場合には発売後にユーザーから寄せられたクレームや要望を次のモデルで実現していることが多く、中古車選びでは好みの年式を指定して探すことができます。トルク重視から燃費重視へと大きく路線変更が行われている例が珍しくありません。

年式によりモデルのトレンドが変わる

同じブランドの車種であっても大きく年式により違いを認識できる部分は、アイドリングストップ機能や安全装備といった後からは交換できない部分で違いが生まれます。ガソリンタンク容量は燃費により変わるので、燃費向上の代わりに最大トルクが減少して燃料タンク容量も減ったという例が珍しくありません。また、ハイブリッドシステム搭載車両が登場している時期を境目として、年式による走行性の違いが同一ブランド車でも生じやすいです。中古車の場合には排出ガス規制だけでなく、SUV車の一部では車高規制の対象有無で必ずしも年式が新しいモデルが人気とは限りません。特にオフロードに近い走りを期待できるモデルほど、年式が古いタイプが人気となる傾向があります。