求める車両が製造されていた製造年月を知る重要性について

故障したときに部品の取り寄せが可能かどうかチェックできる

中古車の場合、もっとも注意しておきたいのが故障したときの対処です。もちろん、新車で購入すれば故障しないということではありません。しかし、製造年月日が新しい車なら部品は十分揃っていますし、新しいほど故障のリスクは低いと考えるのが一般的です。中古車の場合、製造年月日があまり古いと、すでに部品が製造されていない可能性が出てきます。そうなれば、部品交換が必要になっても簡単に修理ができません。ディーラーや修理工場で在庫を探してもらうか、代用品を探すことになります。当然ながら時間もかかりますし、場合によっては費用が高くなることもあるでしょう。中古車を購入するときは、あらかじめ故障や破損したときを想定して製造年月日を調べておくことが重要です。

自動車保険に加入する際に製造年月日の申告が必要になる

自動車保険に加入する際、車種や排気量など車の基本的な情報が必要です。中古車の場合は購入時の走行距離も必須項目ですが、製造年月日も欠かすことができません。実際に自動車保険の契約で重視されるのは初年度登録年月ですが、製造年月日によって車種のグレードが明らかにできます。また、新車のときにすぐに登録されていれば、製造年月日がわかれば初年度登録年月を知ることも可能です。走行距離は車のオドメーターで誰でも確認が可能です。しかし、製造年月日については車検証などで確認するしかなく、購入前に自分で知ることは難しいといえます。車に乗るときは、できるだけ事前に自動車保険に加入していた方が安心ですよね。中古車を探すときは製造年月日が事前にわかることも、安全に乗るための条件の一つです。

カーリースとは、お客様が商品などを購入するのではなく、利用したい期間だけ定額料金を支払い利用する事ができる車バージョンのサブスクリプションサービスです。