過走行車の反対、「低走行車」とは?

低走行車と過走行車の違いとは

中古車選びにおいて重要なポイントとなるのは車の走行距離です。年間の走行距離が1万キロに満たない車を低走行車と呼び、反対に年間の走行距離が1万キロ以上の車を過走行車と呼びます。たとえば、5年間の走行距離が5万キロ未満なら低走行車で、5万キロを大幅に超える走行距離ならば過走行車となります。 ちなみに年間1万キロの走行距離が目安になっていますが、中古車業界においては10万キロを走行した車についても過走行車と呼び、はっきりとした定義があるわけではありません。一般的に中古車を購入する場合、走行距離の長いものよりも短いものを選ぶのが原則とされています。過走行車の場合、見た目に大きなダメージがあるように見えなくてもエンジンなどが消耗していることがあるからです。中古車選びは年間の走行距離を慎重に見極めながら行うようにしましょう。

中古車選びは年式も重要

中古車選びのポイントは、走行距離だけでなく車の年式も重要です。車の年式とは簡単に言えば新車登録が行われた年のことで、新車登録からそれほど年数が経過していない車のことを高年式車、反対に新車登録から年数が経過した車のことを低年式車と呼びます。ようするに比較的新しい車は高年式、古い車は低年式となり、中古車業界では高年式の低走行車が良い状態の中古車だとされています。少々価格は高くなりますが、良い状態の中古車を購入したいのなら高年式の低走行車を選ぶのがおすすめです。しかし、中古車にそれほどコストをかけられないという方は価格の安い低年式の低走行車を選ぶことをおすすめします。ただし、低年式の低走行車の中にはエンジンなどの劣化が進んでいるものあるので、購入の際には自動車整備記録や保証書の確認などをしっかり行うようにしておきましょう。

中古車のリースは、初期費用がかからず安く車に乗る事ができます。契約期間が2年間であり、途中解約はする事ができないので注意が必要です。