「走行距離が多い=過走行=すぐ壊れる」ではない?

走行距離と壊れやすさ

走行距離は中古車選びのときによく着目されています。購入してから壊れやすいかどうかを見極めるための指標として優れていると考えられているからです。走行距離が10万キロメートルを超えていると過走行と判断されて、中古車の価格も下がる傾向があります。安くても長く乗れず、すぐに壊れてしまうリスクが高いのでは避けようと考えるのももっともなことです。しかし、実際には走行距離に比例して壊れやすくなるわけではありません。過走行でも何年も安全に走れる中古車もたくさんあります。走行距離だけを見て安直に壊れやすいかどうかを判断するのは値打ちの高い中古車を見逃すことにつながるかもしれません。なぜ一概に過走行なら壊れやすいと言えないのでしょうか。

メンテナンスが大きな影響を与える

過走行車でもメンテナンスを徹底していた車であれば長持ちすることが知られています。走行距離が長くなると壊れやすいと言われているのは、車のパーツが劣化してきてしまうのが主な原因です。劣化しやすいパーツを定期的に交換して、全体の調整もしてきていれば10万キロメートル以上も走っている車でも快適に乗り続けられます。また、走行させた道が劣悪な場合には劣化が進みやすく、走行距離がまだ短いのに壊れやすい状況になる場合もあります。そのため、あくまで走行距離は参考程度と考えて、どのようなメンテナンスがおこなわれてきたか、どんな環境で利用されてきたかを確認するのが大切です。車の状態をプロの目で見て判断してもらうのがより適切でしょう。